2020年10月30日金曜日

アベノマスク

糸がほつれ、少し黄ばんできたマスク。言うまでもなく”アベノマスク”である。

暑い季節にはさすがに、着けづらかったが、大分涼しくなってきたので、久しぶりに着用してみる。

さすがに、もう着用している人を街中で見かけることはなかったが(当初から?)、200億円以上もの血税をつぎ込んで配布したマスク。ある意味、高級マスク。そのまま、ほったらかしと言うのももったいない。

税金の無駄遣い言われ、最近になった、政府内でも失敗であったという声も・・・

当の本人も首相から下りたことで、少し郷愁を感じながら1日着用をしてみました。

どうでも、いい話でした!

2020年10月19日月曜日

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし


とは、江戸時代の藩主にして剣術家でもあった松浦清の言葉であるが、


プロ野球の野村克也氏が自身の座右の銘として紹介して、有名になった言葉でもある。


さて、日ごろ生徒の数学を個別に見ていると、まさしくこの言葉を思い浮かべる。

こんなことしてたら、間違いなく数学の点数はとれないなと。

それは、ノートのとり方あったり、問題への取り組みであったり、テスト直しであったり、

と多岐にわたる。

30年近く教えていると、取れない理由が悲しいくらいににわかる。

矯正できるものはもちろん矯正するのであるが、生徒にとっては10年以上もシミついてきたクセというものはそう直るものでもなく、実際テストを受けてみると、やはり点数がとれない。

ただ、こういうことが見えて来るのは、生徒の手元まで見て、細かい計算まで指導できる志向館のオーダー授業ならではであろう。学生バイト主体の個別指導塾や大人数の授業では決して見えてこない。

2020年10月12日月曜日

旧北国街道を巡る会

坂戸家家屋
城北校から徒歩3分です

先日、金沢市主催の旧北国街道を巡る会に参加してきました。当日は城北校を通り、旧北国街道を歩きました。日ごろ、何気なく通過している建物にも、歴史的意義があることがわかり、興味深い会でした。

それにしても、参加者の平均年齢の高いこと。私が最年少(!)ぐらいの年齢構成でした。年を重ねないと地元の歴史に興味がわかないのでしょうかね。

歴史に興味のある高校生は一定数はいるのですが・・・

貸切バスでポイントごとに移動し、少し歩いて、専門家の話がきける。という充実プランが無料とは、何ともいい会でした。

2020年7月30日木曜日

勉強の姿勢

姿勢の悪さについては、人のことを言えた義理ではないのであるが、

ここのところ、高校生の勉強をする姿勢が目について仕方がない。
ノートに文字を書くときに、ペンを持つ手しか使わず、もう一方の手は下ろしたままなのである。
片方の手でノートを抑えずに、何とも書きにくそうにしていて、
見ていて少しばかり”イラ”とする。

まあ、個人の問題なので、とやかく言う程のことでもないのであるが、
偏見だと言われるかもしれないが、そういう生徒は、城北校に主に来ている、私立の高校と県立の高校とでは、圧倒的に私立の方の生徒に多いのである。

そして、成績の悪い生徒の方が多いということも・・・


晴天に誘われてお外でお弁当

夏期講習前の忙しい最中、ほっとひと息

今年は毎年恒例の行事の一つであった予備校の遠足が中止となったので、
遠足ってほどではないが、昼休みを利用して、外でお弁当を食べてきました。

2020年7月13日月曜日

withコロナの時代

第2波も予感させるような昨今ですが、第1波も収まって、金沢では徐々に平常にもどりつつあるようです。で、postコロナかafterコロナなんて言葉を期待していたのですが、withとはいやな言葉ですね。いつまで、付き合っていかなければならないのだろう。

今回のコロナ禍で、塾業界では一気にオンライン授業が広がって、主流になるかと思いきや、結局は元通りの対面授業が主流になりました。もちろん、オンライン授業も新しい選択肢となったことはそれはそれで収穫があったのかもしれません。
ただ、今回のことを通じて再自覚したのは、顧客が塾に求めるものが授業だけではないということです。それは外食産業において、これまた一気に普及するかと思われたテイクアウトと同様でしょうか。やはり、外食産業も美味しい食事さえ提供すればよいというわけではないということでしょう。

現在、志向館では夏期講習、夏期合宿、募集中です。やはり人と人とのコミュニケーションを求めて、好評受付中です。

人と人とのコミュニケーションは人が人であるための必須事項です。それを嘲笑うかのような今回のコロナ禍。早くwithでなくpostコロナの時代になってほしいものです。



2020年5月19日火曜日

ジェネレーションギャップ

今日、予備校のHRで本日の朝日の天声人語を紹介していたところ、歌手が2人登場していて、予備校生にきいたところ、アメリカのテイラースウィフトは知っていても、日本の小泉今日子は知らない。で、ついでながら最近、志村けんの映画の代役として話題にのぼった沢田研二、これまた知らない予備校生が多い。

んージェネレーションギャップ…
どうでもいい話でした。