2017年12月16日土曜日

「予想」問題、「的中」

センター試験まで、1か月を切り、各学校でもマーク演習一色になっているようである。

さて、巷ではこの時期になると、「予想」とか「的中」なんて言葉が飛び交うようになる。

一口に「予想問題」などと言うが、一体何の根拠があって「予想」しているのだろうか?
昨年、一昨年は出題がなかったから、今年は絶対に出る。などと言う。
そんなの、根拠でも何でもない。小学生にだってできる「予想」である。
それを「近年の出題傾向から考えて」なんて小難しいこと言って、「予想」する。
笑止千万である。

そもそも、それに踊らされる受験生も受験生である。もっと賢くなってほしい。大体が一つくらい「的中」したところで、合否に影響を与えるものでもなかろうに。
ヤマなど張らず、地道に覚えるしかないのである。

そんなことだから、高額の予備校にまんまと搾取されるのである。

「的中」というのも、幅広く、出題しとけば、そりゃ一題ぐらいは的中もするわいな。
それも小学生だってできる的中方法である。
それを宣伝文句にする予備校はもはや「詐欺」レベルの宣伝文句である。

それでも、確信をもって根拠のある「予想」ができるのであれば、それは関係者からきくしかないのであって、それは不正のレベルであろう。
そうでない「予想」などは「妄想」以外の何物でない。

志向館の受験生向けの冬期講習では「予想」ではなく、これまでの出題された中から幅広く取り上げ、少しでも受験生の得点を上げるための講習です。もうクラスによっては定員に達していますが、ぜひ受講のご検討をお待ちしております。

2017年12月7日木曜日

不倫

少し前の話になるが、某予備校の某講師が元教え子との不倫を某週刊誌に取り上げられた。

こんな報道を目にするたびに、
これだから、いつまでたってもこの業界は成熟しないんだなと
同じ業界に身を置く端くれとして、ため息が出てしまう。

それはそれとして、某芸能人の不倫騒動以来、やたら取り上げられるようになったのであるが、本来不倫などという、極個人的な内容に何でこんな大騒ぎをするのか?

当事者同士にとって「不倫」なのであって、外野がしかも匿名の外野がとやかく言うことではないだろう。金沢弁で言えば

”だらんねえけ”

50歳過ぎての「不倫」。倫理的な側面は当事者にお任せするとして、元気で結構じゃないですか。という大らかの世論にならないのですかねえ…

なんて、言うと、「お前は不倫を肯定するのか」と無責任な匿名の外野から文句を言われそうですが、炎上上等、どうぞ好きに騒いでくれって感じ。ただし、騒ぐならちゃんと名乗って騒いでほしい。私は宮前龍彦です。

もっとも、炎上するほど、このブログも読まれていないか…

2017年11月20日月曜日

受験生として

志向館では定期的に生徒と面談をし、さまざまな悩みや要望をきいて、アドバイスを送る.
 
先日から高校2年生を対象に面談をしていると、
「受験勉強って何をしたらいいかわからない」
って話を、表現の違いはあれど、よくきく.

もちろん、1年時からの復習をすればいいのであるが、
あまりに膨大すぎて、何からすればよいのか途方にくれるらしい。

それに、学校の課題で一杯いっぱいでとてもとても…
というのが、素直な気持ちだろう。

それぞれの学力、進路によって、個々に指導するのであるが、
全般的なことを言うなら、

まずは学校中心が成功の近道であること。
1日の大半を学校で過ごすのであるから、学校の授業をおろそかにしては、
受験勉強以前の問題である。
ましてや、これからもっと塾や予備校、映像の予備校の授業に頼ろうなどいうのは
逆効果である。

そして、今進んでいる各教科の単元は学校の授業に集中して、しっかり消化し、
その上で、これまでの学校の教材を復習することを考えれば十分である。
それでも、さらにという方は、ぜひ志向館にご相談ください。

あくまでも学校優先の学習アドバイスをできるかと思います。

少なくとも、金沢の塾、予備校でこういうアドバイスができるのは、志向館だけかと自負しております。

2017年10月16日月曜日

数学ができるようになるには

「数学ができるようになるには」

私にとっては永遠の課題である。

1,2年の間は、学校の問題集を解き、わからないところはきいて、解法を理解し、覚える。そして、もう一度、解きなおす。

そして、受験学年となれば、センターの過去問にはじまり、個々の志望校の過去問を解き、わからない問題を一つ一つぶし、そして、やり直す。

これだけすれば、数学に関してはどこの大学だって、合格できる。そこだけは間違いない。

たかだか、答えがあらかじめ用意されているような高校数学。難しいこと考えるまでもないし、とりたてて、目新しいやり方があるわけでない。ひたすら慣れるしかないのである。

これまで、そうやって、何人もの数学の苦手な生徒を救ってきた。しかし、その反面、数学を捨てさせてきた生徒もいないわけでない。
どこに問題点があるのだろうか。

わからないところを質問するって言っても、
自分で解くのに精一杯な地元の大学生(たとえ、地元の医学部生であっても)に質問するしかないような塾、予備校では、独りよがりな解法を聞けるだけで、解決にはならないだろう。

やはり、ベテランの学校の先生に普遍的な解法を答えてもらうのが一番である。

もちろん志向館では、この道何十年というベテラン講師が控え、万全の体制で皆様を迎える準備をしている。(ちょっと宣伝)

それでも、まだ解決しない場合がある。

基本的な計算ができないのである。あるいは計算ミスがなくならないのである。
これまでも、何度も取り上げてきたし、いろいろ解決を試みるのであるが、いまだに根本的な解決方法はない。これも、学生に質問対応を委ねているような塾では解決はできないだろう。

小学校から10年以上の積み重ねであるから、そう簡単には治るものではない。練習するしかないのは間違いはない。ただ、受験に間に合わなければ、塾としては意味がない。

んー…

やはり、まだまだ解決方法を追求するしかないようである。

2017年9月25日月曜日

あせらず急げ

ずいぶん、長い間更新が滞っていました…

さて、秋口となり、いつも受験生に向かっていう言葉を一つ。

「あせらず急げ」

一見矛盾していると思われそうですが…

センターまであと4か月弱ともなり、夏に受験した模試の成績も戻ってきて、どうしても、自分の弱点も自覚せざるを得なくなり、あれも、これもやらなくてはとあせりがちとなります。

けれど、ただ、手広くやるだけで、作業に陥ってしまって、理解、定着というプロセスを経ない。これではどれだけやっても、成績が上がらない。

その意味で「あせるな」と言うわけです。

とは言うものの、時間は限られています。その意味では「急げ」というわけです。

じゃあ、睡眠時間を削ってでもしなくてはならないのか。

いやいや、この時期から睡眠時間を削るのは自殺行為です。これから、涼しくなり、睡眠不足からくる体調不良はもっと時間が削られます。

これからは生活のリズムをしっかり整えて、睡眠もしっかり確保して、なおかつ、焦らず急いで勉強するしかないのです。

そのためには、無駄な時間を徹底的に排除するしかない。

2017年7月21日金曜日

白鵬の通算勝ち星記録

朝日新聞より
「最強横綱を作るトレーニングは、スクワットからしこ、てっぽう、すり足など基本を軸に地道な基礎的な繰り返しを徹底する。実はこれが一番難しい。横綱のすごさは自己管理能力。横綱はお酒も本場所中は一切飲まない。ちょっとした辛抱、努力、我慢が、勝つ喜び、家族の幸せ、支援者が増えることなど、自分に返ってくることを知っている」

ベタな展開で申し訳ないが、

そっくりそのまま、受験生にこの言葉を贈りたい。

学校の課題

もうすぐ、夏休みに入り、各学校では夏休みの課題も出されているようです。

毎年、この時期には触れていることであるが、

どうせ課題をするなら、自分のためにしてもらいたい。
学校の先生だって、生徒の学力向上のために出しているのであって、決して、生徒をいじめ用なんて思ってはない。

そう思えば、ただ解答を写すいわゆる”写経”に陥らないはずである。
最近は、学校の方でもわかっているようで、
とある高校の課題の範囲のお知らせに

「解答解説に頼りきらないようにまずは自力で考えてみましょう!数学ができるがどうかの差は自分の力で解けるような取り組みを日頃からしているかどうかだと思います」

とあった。

まさしく、私の言わんとすることがここに集約されています。

志向館でも、この課題が自分のためにできるように、普段の授業でも、特別講習でも徹底的にお手伝いをしたいと思っています。

塾の都合だけで、講習や授業を取らせて、お金だけを巻き上げるような塾にはなりたくはないものである。