2018年12月11日火曜日

順天堂大学医学部入試 女子差別について

本日の報道から、
順天堂大学が女子を不利に扱った理由として
「女子が男子よりも精神的な成熟が早く、受験時はコミュニケーション能力も高いが、入学後はその差が解消されるため補正する必要があった。」とのこと。
入試にこんな論理を持ち込むとは、屁理屈、詭弁以外の何者でもない。
受験生の努力を踏みにじる論理でもある。

ただ、ある意味真実を述べていて、高校生と長年関わっていると、そのことは切実に実感していて、女子が将来のことを割と現実的に考えているのに対して、男子はいつまでたってものらりくらりとしている姿を毎年見ている。もちろん個人差があるにせよ。高校3年の後半でようやく男子が女子に追いつくような感じであろうか。

かく言う私も、高校時代は、周りの女子が将来のことを真剣に考えて、勉強しているなかで、大学なんてどっか入れるところどこでもなんてうそぶいていたものである。今思えば、ホント、ガキだったなあ…

2018年12月10日月曜日

棟方志功記念館

 塾の部屋に架けてあるカレンダーの図柄が
棟方志功の版画で、この間、高校生に聞いてみたら、
「棟方志功って誰?」

世界的な版画家にして、お隣りの福光には元住居もあり、金沢にもゆかりがある人なのに…

車で30分ぐらい、ぜひ見に行ってもらいたい。

2018年12月3日月曜日

保護者懇談会

志向館では、先々週、11月23、24日に保護者懇談があり、お子様の学習状況をお知らせするとともに、保護者の方のご要望をお聞きする機会がありました。

毎年のことながら、保護者の方のお子様への愛情を感じられるともに、我々に対する期待も高く、何とかこの保護者のご要望にお応えできるように、全力を注がねばと、思いを新たにする会でした。

いつの間にか、お会いする親も、私よりも若くなりました。個人的には寂しい気持ちもありますが、仕事的には、自分自身も二人の子どもの受験を経験して、より保護者と共感しながら、適切なアドバイスができるようになりました。


2018年11月12日月曜日

大森貝塚

 日本考古学発祥の地、大森貝塚に行ってきました。
明治時代のお雇い外国人であるモースが、横浜-新橋間を汽車で移動中に見つけたとか…
確かに、この遺跡、JR線沿いにありました。
と言っても、周りはビルに囲まれているのですが…

2018年11月5日月曜日

三角点



中能登町の雨の宮古墳群で発見。
地形図ではおなじみかと思いますが、
実際にはなかなかお目にかかれないでしょうからご紹介。

この雨宮古墳群は前方後円墳と前方後方墳が隣り合わせにある全国でも珍しい古墳群だそうです。

金沢から車で1時間弱のところにあります。
考古学に興味のある高校生はぜひ見に行ってみてはいかかでしょうか。

2018年11月4日日曜日

ごく当たり前のこと

病院へ行って、医師に診てもらって、薬を出してもらって、病気を治してもらうように、
塾へ行って、成績の悪い科目を、教えてもらって、成績をあげてもらう。
この、ごく当たり前のことが、必ずしも実現されていないのが心苦しい。

保護者の方からお金をいただいておきながら、保護者の希望に添えていないのは、ある意味詐欺ではないだろうか。保護者の方は「いやーうちの子が悪いのですよ」と言ってくれてはいるが、内心、穏やかではないだろう。

よく、宣伝やこういったブログで成績上がったことをことさら喧伝している塾も多いが、そのほとんどが、都合のいいところだけしか言ってはいないだろう。

保護者の期待に実直に応えて、お金をいただくという、この当たり前のことを常に実現していくためにも、まだまだ謙虚に研鑽を積んでいきたいと思う。今日この頃である。

2018年10月29日月曜日

金沢医療センター附属金沢看護専門学校入試対策

金沢医療センター附属金沢看護専門学校は看護を目指す受験生にとっては、第1志望の生徒はもとより、4年生の看護大学目指す生徒にとっても、併願先として選択肢に入ってくる学校でしょう。まして、推薦入試の実施に伴い、一般入試の定員が減ると予想され、ますます激戦となりそうです。

さて、志向館では、この看護学校を目指す受験生向けに、入試対策を実施しております。数学の過去問については、10年分の解説付き、英語の過去問については5年分の解説、日本語訳付きです。これだけ、揃えている塾は金沢市内にはおそらく志向館以外にはないでしょう。

高校の学習内容の基本的な部分を問う問題が中心なので、決して難しいわけではないのですが、センターであまり問われない問題があったりもしますし、まして、入試自体がセンターの直前ということもあり、やはり、今のうちから少しずつ対策をしておくことをお勧めします。